• ホーム
  • ライザップって50代から始めても大丈夫?

ライザップって50代から始めても大丈夫?

2020年04月21日

ライザップは幅広い年齢層の人が利用をしており、50代から始めても全く問題はありません。一人で自宅で取り組むダイエットは違い、プロのトレーナーが担当をしてくれるので心強いです。基礎代謝も下がる50代は痩せにくく、太りやすいのもお悩みですが、そんな問題もライザップなら解決へ導いてくれます。

一人自宅で取り組む点との違いはジムへ通うということだけではなく、手厚いサポート体制が整っているのもRIZAPだからです。およそ13万人もの実績データにより開発されたプログラムにより、その人に最もふさわしいトレーニングを提案してくれます。一定期間通うトレーニングになりますが、最後まで専属トレーナーが責任を持ち担当してくれるシステムです。挫折をすることなく目標に近づけるのは、二人三脚で行うマンツーマントレーニングだからであり、的確な指導を受けることができます。

減量だけに焦点を当てていないにもRIZAPであり、健康を維持しながら見た目の美しさも向上させ、さらに成功をした後も維持できる、トータルボディメイクが前提です。余分な脂肪は確実に減らしますが、筋肉を減らすことはありません。プログラムは筋肉の活動を重点にしており、筋肉量を増量して維持しながら、太りにくい健やかな身体をつくります。筋トレの無酸素運動と持久トレーニングの有酸素運動の、どちらも理想のボディのためには必要です。

導入期にはトレーニングフォームの習得をして、次のシェイプアップ期では体脂肪を減らします。さらにスタイルアップ期に入るので、つくりあげた理想的なボディを維持する段階です。3つの段階に分けて取り組むので、無理なく順調に体重を減らしながら、引き締めて目標に近づけることができます。通い方は週に2回からであり、1回のトレーニング時間は50分間です。短い時間に感じるかもしれませんが、休憩時間と理想のトレーニングセット回数との組み合わせにより決められています。筋肉の超回復で育てるためにも、毎日通うよりも週に2回のペースがベストです。管理をするのが一人では難しいのがトレーニングですが、専属トレーナーがきちんとマネジメントしてくれます。やり過ぎない適度なトレーニングができますし、効率的で安全です。

各分野を強みとするプロフェッショナルの連携があるのもRIZAPであり、多角的なサポートがあります。普段の食生活の栄養面の手助けは、栄養士や管理栄養士の担当です。全国の提携医療機関との連携もありますので、健康面と安全への配慮もあります。栄養サポートセンターも設置されているので、便秘がちな時や体重が落ちない時にも相談可能です。食事での悩みが発生した際にも、電話だけではなくメールでも回答をもらうことができます。

カウンセリングを担当するのはカウンセラーであり、現状の悩みやボディメイやダイエットの目的を相談し、トレーナーへ伝えるのも仕事です。定期カウンセリングもあるので、トレーニング期間中の不安や悩みも解消できます。