色々な薬
薬を飲む男性とカプセル
カプセルが乗っているスプーンと薬を飲む男性
男性を診ている医者

ゼニカルを服用することで脂っぽい食事をしても、およそ30%の脂肪排出効果があります。サッパリした食事も美味しいですが、太りやすい人の多くは油をたっぷり使った味付けの濃い料理を好むのが常です。痩せたいけれども食べたい、そんなわがままな悩みを叶えてくれるのがゼニカルであり、食べながら順調にダイエットをすることができます。飲むだけで劇的に減量に成功をする魔法のお薬ではありませんが、穏やかに働きかける減量補助薬をして味方になるお薬です。

食事からとる脂肪分はお腹の中で細かく分解されて、体内に全て吸収をされていきます。食べ過ぎてしまった時や、エネルギーが使いきれなかったら、その分だけ太りますが、分解を阻害することが出来るのがオーリスタットです。有効成分として働くオーリスタットは、リパーゼがグリセロールと脂肪酸に細かく分解して、体内へ全部吸収させることを阻害します。

そのまま胃腸に脂肪分が吸収をされず、阻害された分はトイレで便と一緒に出ていくので、カロリーをカットできる方法です。すでにお腹や体についてしまった、脂肪を排出させることは出来ません。でもこれから食事で入ってくる分に関しては、余計な油分は排出をさせるので、無駄に太ることがありません。

ダイエット医薬品としてアメリカ食品医薬品局にも認められているため、安全性が高く、すでに世界各国で使われている実績があります。油と肉汁の滴るような脂肪分の多い肉料理に、油でカラッと揚げたフライドポテトやてんぷら、大量の調味料と油で調理をする中華料理など、油をたくさん使った料理がおいしいのは間違いありません。

多くの人が大量の調味料と油を使った味付けの濃い料理を好みますが、悩ましいのはそれが太るということです。たくさんの油を使用するメニューでも、ゼニカルは脂肪排出系の医薬品ですから、食べた分だけ脂肪になることはありません。一定量を排出させる効果があるので、安心して油を使った食事を堪能できます。

小柄な日本人はアメリカ人程太ることは出来ませんが、アメリカでは巨大な肥満体型の人が多いです。和食がメインの日本とは違い、油で揚げた料理に小麦粉、砂糖に化学調味料をたくさん使う、ジャンクな食べ物が多いのも理由であり、肥満はアメリカが抱える問題でもあります。

深刻な状況からもアメリカでは、ゼニカルを肥満治療薬として取り入れていますが、日本国内の医療機関でも手に入れることは可能です。大きな病院の肥満外来だけではなく、美容クリニック系でも購入はできます。
病院に通院できない方や、少しでも安く購入したい方はゼニカルは通販で購入した方がお得なのでインターネットを利用して注文してみると良いかもしれません。

副作用を持つのはゼニカルが医薬品だからであり、正しく使うことも必要です。排出系のダイエット薬であり、油分と共に脂溶性ビタミンも排出するので、肺がんのリスクもあります。一時的に法した報道を受けて販売を中止したこともありますが、肺がんに確実になる科学的な根拠は特にはありません。一度のたくさんの量を服用したり、長く服用を続けると、慢性的にオーリスタット成分が体内で働くことになり、下痢の服用が出ることもあります。通常よりも便が緩くなりますが、そこに油分が加わるので、トイレの際に便器を汚してしまうかもしれません。

予告なしに油分がお尻から漏れてしまうハプニングもあるため、下着を汚すこともあります。あまり激しい下痢が何日も続くようなら、いったんお薬の服用をやめて、腸内環境を健康に戻すことです。早く痩せたい気持ちが先立つと1回当たりの量を多くしてしまいがちですが、下痢を起こしたりおならが出やすくなるなど、副作用の方がひどくなります。ダイエットにゼニカルを使う時に見られる副作用としては、体のだるさやめまい、軽い頭痛に吐き気、女性の場合は生理不順も現れることがあるので要注意です。